フォード・マスタングGT5.0 V8 AT試乗 ビッグマイナーチェンジで魅力向上 理想はMT

公開 : 2018.03.16 10:40  更新 : 2018.03.16 10:43

スタイリングや装備類だけでなく、パワートレインやサスペンションまで見直しされたフォード・マスタングGT。アメリカ車の象徴とも言えるポニーカーは、ヨーロッパでも充分受け入れられる魅力があるとしつつ、譲れない希望もあるようです。

もくじ

どんなクルマ?
欧州仕様はV8 5.0ℓコヨーテに10速AT

どんな感じ?
室内の質感は、表面的には向上
Dレンジに入れて、アクセルを蹴飛ばすだけ
ハンドリングも乗り心地も向上

「買い」か?
10速ATも良質だが、叶うならMTで楽しみたい

スペック
フォード・マスタングGT5.0 V8 ATのスペック

どんなクルマ?

欧州仕様はV8 5.0ℓコヨーテに10速AT

3年前にフォード・ヨーロッパが導入を決定した、アメリカ車のアイコンとも言えるマッスルカー、フォード・マスタングにフェイスリフトが加えられた。さらに人気を獲得するべく、大幅なアップデートが施されたのだ。

ただし、クーペボディへのスタイリングの変更はそれほど大きなものではない。

今回の目玉は、そのボンネットの下に収まるV8 5.0ℓの「コヨーテ」エンジンで、従来よりも一層力強さを増している。また計器類はデジタルモニター化され、現代のアクティブセーフティ技術もふんだんに導入された。さらにステアリングとサスペンションにも改良が加えられ、トランスミッションは10速ATに進化している。

新しいエンジンとトランスミッションが組み合わさることで、US仕様車の場合、0-97km/h加速を4秒でこなす才能を持つ。ヨーロッパ仕様のモデルがどの程度の出力を発揮するのか、フォードからの情報がないため、この数値は若干変わる可能性がある。

われわれは正式なプレス発表に先駆けて、新しいマスタングのAT車への試乗の機会を、短い時間ながらベルギーで得ることができた。

その印象をお伝えしたい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事