メルセデス・ベンツ次期Cクラス、EVの存在否定 「EQ」として投入

公開 : 2018.03.29 11:40

モデル名「EQ C」にならず HVに注力

2022年までの発売を予定するこの電動サルーンだが、既に電動SUVモデルにその名が使われていることから、EQ Cを名乗ることはないだろう。

Cクラスに対して、メルセデスでは電動化モデルよりもハイブリッドに注力している。

フェイスリフト版Cクラスにはディーゼルとガソリン両方のプラグインハイブリッドと、48Vシステムにベルト駆動のスターター・ジェネレーターを組み合わせたマイルドハイブリッド・モデルが設定される。

最近発売された新型CLSに搭載される48Vシステムに一体型スターター・ジェネレーターを組み合わせたマイルドハイブリッドはより高価なため、CクラスやAクラスといった入門モデルにはベルト駆動のオプションが選択されている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事