スズキ 新型クーペ「ワクスポ」 全長3.7mの4座PHEV ワゴン車に変形 TMS2019

公開 : 2019.09.30 11:00

スズキの新型クーペが、東京モーターショーで発表に。コンパクトな4人乗りクーペで、PHEVの4WD車です。実は、スイッチ操作1つで、ワゴン車に変身。画像13枚。

もくじ

4シーター・クーペ、だけどワゴン
家族内シェアリングとは
外観 クーぺ・スタイル
内装 クーぺ・スタイル
外観 ワゴン・スタイル
内装 ワゴン・スタイル
ワクスポの主要諸元
スズキ・ブースの出店車両

4シーター・クーペ、だけどワゴン

スズキが、東京モーターショー2019の出展概要を発表した。世界初公開となる「スズキ・ワクスポ」を、コンセプト・モデルとして参考出品する。

ワクスポは、全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mmというコンパクトなPHEVクーペ。乗車定員は4名である。

スズキ・ワクスポ(クーペ時)
スズキ・ワクスポ(クーペ時)

「クーペ」という呼び方をしたが、それでは言葉が足りない。ワクスポの最大の特長は、スイッチ操作1つでワゴン・ボディに変形すること。

大きな荷物を積みたいときは、ワクワク・スイッチを押すことで、リア・セクションの車体構造が変わるのだ。

家族内シェアリングとは

通常カーシェアリングと言ったら、1台のクルマを複数のユーザーが共有するもの。

それがワクスポでは、1台のクルマが複数のボディ形状に変わることで、家族で共有するという発想になっている。

スズキ・ワクスポ(ワゴン時)
スズキ・ワクスポ(ワゴン時)

具体的には、親世代から子世代、孫世代まで、3世代にわたり家族内シェアリングができるように、プライベートを感じるクーペと、使い勝手を感じるワゴンという2種類を使い分ける設計とした。

外観 クーぺ・スタイル

クーペ・スタイルでは、ロングノーズのプロポーションでパーソナル性と走りの良さを感じさせるデザインに。

フロントフェイスは、クーペ・スタイルでは、スティングレーのような縦2眼の力強さを表現するものとした。

スズキ・ワクスポ(クーペ時)
スズキ・ワクスポ(クーペ時)

内装 クーぺ・スタイル

内装は、クーペ・スタイルでは、インパネ全体がモニターになっている。表示類をモニター化することで、懐かしさと先進感のあるシンプルなデザインに。

インターフェースは、ドライバー正面とコンソールに安心・安全機能を表示するほか、ヘッドアップディスプレイに車両情報を表示する。クルマを操るコクピット性を追求したわけだ。

スズキ・ワクスポ(クーペ時)
スズキ・ワクスポ(クーペ時)

ステアリングはモニターが見やすい形状で、滑りにくい革張りを採用。バケットタイプのシートとあわせて、走りを期待させるデザインとしている。

外観 ワゴン・スタイル

ワクスポは、Bピラーレス・ボディなので、ドアを開けると大きな開口部が広がる。後席への乗り込み、荷物の積み下ろしなど、実用性を考慮した設計となっている。

ワゴン・スタイルでは、機能性と楽しさを提案する外観に。フロント・フェイスは、フロンテやラパンのようなフレンドリーなイメージを追い求めた。

スズキ・ワクスポ(ワゴン時)
スズキ・ワクスポ(ワゴン時)

内装 ワゴン・スタイル

ワゴン・スタイルの時の内装は、助手席側が、木と金属を組み合わせることで高品質なデザインに。ヘッドアップディスプレイは下半分が格納される。

モニター部には、安心・安全・快適の機能をシンプルに表示し、リラックスできる空間を提案した。

スズキ・ワクスポ(ワゴン時)
スズキ・ワクスポ(ワゴン時)

また、ワゴン時には、リアシートが後方にスライド。快適な4人乗車を実現する。

 

人気記事