【ボンドカーはいまが底値?】アストン マーティンDBS 手に入れるべきは好みの1台

公開 : 2020.01.02 08:50

選ぶべきは本当に欲しい1台

だが、2011年を最後にマニュアルギアボックスは廃止されている。

2008年には6速タッチトロニックIIオートマティックギアボックスが登場するとともに、2+2のシートレイアウトが標準となった。

エルゴノミクスなど気にしてはいけない。レザーのインテリアを味わえば良いのだ。
エルゴノミクスなど気にしてはいけない。レザーのインテリアを味わえば良いのだ。

当時はこちらの方がより多くの顧客を集めることに成功しているが、いまでは希少なマニュアルモデルの方がより高価なプライスタグを掲げている。

2009年にはコンバーチブルのヴォランテが登場したが、エンスージァストたちの好みはクーペモデルに集中している。

さまざまな特別仕様が発売されており、2010年にはカーボンブラック・タッチトロニック(特別なペイントとホイールに加え、カーボン製ダッシュボードとサイドシルカバーを備えていた)が、そして2012年にはDBSの最後を飾る特別なモデルとしてアルティメット・エディションが登場している。

2017年、あるディーラーではわずか59台のみが生産されたこの特別なモデルに17万5000ポンドもの値段を付けていた。

だが、本当に満足したいなら、数あるユーズドモデルのなかから好みの1台を探し出すべきだろう。

2009年登録でB&Oのオーディオシステムを備えたクアンタムシルバーのマニュアルモデルを、約8万5000ポンド(1211万円)で発見している。

高ければ良いと言うものではないのだ。

UB-2010

当時アストンのトップを務めていたウルリッヒ・ベッツのCEO就任10周年を記念して、40台限定のスペシャルエディションが登場している。

関連テーマ

人気テーマ