【超音速と呼ばれたGT】イタリアボディのジャガーXK120スーパーソニック 前編

公開 : 2020.03.21 07:50  更新 : 2020.12.08 10:55

イタリア屈指のコーチビルダーといえるカロッツェリア・ギア社。1953年、ジャガー製シャシーへ航空機からインスピレーションを受けたイタリアン・デザインを与えることで、唯一無二のXK120スーパーソニックが誕生しました。

もくじ

英国製のシャシーにイタリア製のボディ
風洞実験から導き出されたデザイン
美しいサヴォンヌッツィのフォルム
フィアット8Vのエンジンを積んだ2代目
ジャガーXK120をスーパーソニックに改造

英国製のシャシーにイタリア製のボディ

text:Mick Walsh(ミック・ウォルシュ)
photo:James Mann(ジェームズ・マン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
イタリア人はイギリス車びいきな人も多い。だが、英国製ボディにイタリア製シャシーを組み合わせるために、多額のお金を投じる人は殆どいないだろう。

ところが、その逆なら充分に考えられる。1954年製の見事なジャガーXK120スーパーソニックが、実際に証明している。

ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)
ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)

真冬に、ワインレッドのグランドツアラーを上品だと感じることは難しい。でも今から60年前、パリの街を流す姿は、最も美しいネコ科のクルマだったはず。

チューニングを受けたジャガーXK120のシャシーをタイトに包むように、滑らかなイタリア生まれのボディを着る。3.4Lの直列6気筒が発する熱を逃がすエアベントは、ボディサイドに小さく切られた程度。スタイリッシュだが、真夏の車内はオーブンのように熱い。

車内はタイトだが、足元は広々。胸元に近いウッドリムの3スポーク・ステアリングホイールの中央には、飛び出すように膨らんだセンターボスが付いている。

ドライバーが熱で焼かれる中で、ダッシュボードはクールビューティー。豪華なインテリアトリムとコーディネートするように、2色に塗り分けられている。メーターパネルには6000rpmのレブカウンターと、240km/hのスピードメーターが綺麗に収まる。

走り出せば、オリジナルが何かはっきりわかる。バーマン社製のステアリングはローギアで軽量。モスのトランスミッションの操作感はおっとりしているが、精度は高い。ブレーキは想像通りのドラム。

風洞実験から導き出されたデザイン

およそ200psを発生するXK120由来の直列6気筒エンジンは、勇ましい音を鳴らしながら悠々とトルクを生み出す。重量はかさみ、コーナリングのペースを速めるとアンダーステアが顔を出す。

幅の狭いタイヤに長めのオーバーハングのおかげで、コーナリング中はロールも大きい。コーナー出口からの加速は見違えて良い。ベースのXK120と同様に乗り心地は良好。ギア製のボディは高品質で、きしみ音1つ立てない。

ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)
ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)

取材で訪れたのはネザーランド。広々とした中でXK120スーパーソニックは眩しい。通りかかる誰もが美しさに見とれ、足を止める。以前から風力発電に力を入れていたネザーランド。巨大な風車の中にあっても違和感がない。

洗練されたグランドツアラーのボディが、風洞実験から導き出されたからだろう。デザイナーのジョバンニ・サヴォンヌッツィは、フリーランスのエンジニアで、航空機と自動車とを結びつけるスタイルを得意とした。

XK120スーパーソニックの祖先となる、初代のスーパーソニックは、スイスの自動車エンスージァスト、ロバート・フェルマンの依頼で作られた1台限りのワンオフ・モデル。設計はビルジリオ・コンレロが取りまとめ、1953年のミッレ・ミリア出場を目指した。

初代にはアルファ・ロメオ1900のエンジンが積まれた。フィアット1400のフロントサスペンションに、ランチア・アウレリアのトランスアクスルとリアサスペンションを納めるチューブラー・フレームが組まれている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事