【超音速と呼ばれたGT】イタリアボディのジャガーXK120スーパーソニック 前編

公開 : 2020.03.21 07:50  更新 : 2020.12.08 10:55

ジャガーXK120をスーパーソニックに改造

アメリカへ渡った2代目スーパーソニックは、現在はエンジニアのポール・ラザロスがオーナーとなる。55年も丁寧に保管され、素晴らしい状態が保たれていたうえ、走行距離はわずか2万7000kmほどだったという。

タイヤは新車時のままのピレリ・チンチュラートと履いていて、2010年のコンクールに姿を見せている。

ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)
ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)

アメリカの自動車メーカー、ツインコーチ社のディレクター、ルー・ファジョールは2台のスーパーソニックをオーダー。1955年のペブルビーチ・コンクールに出品した。

1台は、大きく目立つフィンとトリプル・バンパーが後付けされ、ツートンカラーのボディにカスタマイズされていた。後に普段使いのクルマとして乗っていたが、フィアットV8の2.0Lエンジンはフュエルインジェクションのコルベット用エンジンに載せ替えてあった。

ギアは50台のスーパーソニックを生産するつもりだったが、高価なフィアット製2.0Lエンジンは訴求力が足りなかった。実際の生産台数は、7台から15台程度といわれている。

イタリア以外では、フィアットV8というスポーツカー自体の知名度が低かった。他国ではスーパーソニックの素晴らしいスタイリングを残しながら、違うエンジンを選ぶオーナーがいた理由だろう。

フランスでは、下着メーカーとして財を成したジョセフ・マルペリは、フィアット8Vのスーパーソニックに心を奪われる。ジャガーの愛好家として知られたマルペリは、その時ジャガーXK120のオーナーでもあった。

当時、ジャガーはXKをコーチビルド用としてシャシーの提供はしていなかった。そこでマルペリは、自身のジャガーXK120をスーパーソニックに改造することを決め、ギアに2台を発注する。

続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記