【性能と熱耐久性が向上】テスラ モデルSとXに、新しい無料ソフトウエア追加

公開 : 2020.05.04 20:00

テスラが、モデルSとX向けの、新しいソフトウェアを追加しました。トラクションをより効率的にかける「チータースタンス」モードの追加と、熱耐久性の向上によって、0-97km/h加速が、最大0.2秒縮まるそうです。

もくじ

無線ソフトウェアパッケージを追加
ローンチコントロール・システムの改善

無線ソフトウェアパッケージを追加

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

テスラは、モデルSおよびXのパフォーマンス・バージョン向けに、性能と熱耐久性を向上させるための、無線ソフトウェアパッケージを追加した。

このアップデートは、最新の「Raven」パワートレインを搭載する2つのモデルに、自動的にインストールされ、0-97km/h加速が、モデルSで0.2秒、モデルXで0.1秒短縮される。

テスラ・モデルS
テスラ・モデルS

どのようにパフォーマンスの向上が達成されるかは、明らかになっていないが、一部の米国のディーラーは、ピーク電力が増加すると述べている。

ローンチコントロール・システムの改善

また同社は、更新の一部として、ローンチコントロール・システムの改善を挙げている。

フロントアクスルを下げ、トラクションを高めるためダンピングを調整する「チータースタンス」が、採用される。

テスラ・モデルX
テスラ・モデルX

「連続運転」に対応するため「熱耐久性の向上」および、その他の新しいアップグレードが施される。

ただし、新しいポルシェ・タイカンほどの、優れた連続ローンチパフォーマンスの実現には至っていないようだ。

このアップデートは、過去数年にわたって、テスラが無料で提供してきた、無数のアップグレードの1つとなっている。

ソフトウェアの改善により、航続距離が延長され、ドッグモードやセントリーモードを含む、さまざまな新しい新機能が追加される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事