【アウディ究極のハイパフォーマンス】新型アウディRS6アバント/RS7スポーツバック日本発売 4L V8は600ps

公開 : 2020.11.29 20:18  更新 : 2020.11.29 20:19

アウディは、2021年1月以降に新型アウディRS6アバント/RS7スポーツバック発売します。4L V8ツインターボは、最高出力は600psです。

もくじ

RSモデルに新たに2車種を設定
4.0L V8ツインターボ、最高出力600ps/最大トルク81.6kg-m
アウディ究極のハイパフォーマンスモデルには究極のインテリアを

RSモデルに新たに2車種を設定

アウディ・ジャパンは、アウディラインアップにおけるハイパフォーマンスシリーズRSモデルに、ステーションワゴンのアウディRS6アバント、スポーツ4ドアクーペのアウディRS7スポーツバックの新型2車種を設定し、2021年1月以降、全国のアウディ正規ディーラーを通じて販売する。

RSモデルは、アウディのハイパフォーマンスモデルを手掛けるアウディ・スポーツGmbHによって開発された高性能モデル。

アウディRS6アバント/RS7スポーツバック
アウディRS6アバント/RS7スポーツバック    アウディ

RS6アバント、およびRS7スポーツバックは、グロスブラックの3Dハニカム構造のシングルフレームグリルを採用。またクアトロ四輪駆動であることを想起させるフェンダーは、大きく張り出している。

これらをはじめ、フロントドア、ルーフ、テールゲートなどを除いて、ボディ外板の多くにRSモデル専用のデザインを採用する。

4.0L V8ツインターボ、最高出力600ps/最大トルク81.6kg-m

両モデルに共通のパワーユニットは、最高出力600ps、最大トルク81.6kg-mを2050rpmから4500rpmまでの広い回転域で発生する4L V8ツインターボ・エンジンに、トランスミッションは8速ティプトロニックを組み合わせ、48Vマイルドハイブリッドやシリンダーオンデマンドを採用する。

駆動方式はクアトロフルタイム四輪駆動で、セルフロッキング・ディファレンシャルを搭載。リアスポーツ・ディファレンシャルを標準装備。

アウディRS6アバント
アウディRS6アバント    アウディ

サスペンションは、よりスポーティなチューニングを施したRSアダプティブ・エアサスペンションを標準採用。コイルスプリングとダンピングコントロール・サスペンションにダイナミック・ライドコントロール(DRC)を組み合わせたRSスポーツ・サスペンションプラスがオプションで選択可能。

アウディ独自の油圧システムを組み込んだDRCがコーナリング時のロールや急加速、急減速時のピッチングを抑制することで、乗り心地とダイナミックなハンドリングを両立させる。

さらに、状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで、低速走行時には取り回し性能を、高速走行時には同位相によってステアリングレスポンスを高める4輪操舵システム、オールホイールステアリング、RSモードを持つドライブセレクトを標準装備とする。

アウディ究極のハイパフォーマンスモデルには究極のインテリアを

インテリアは、RS6アバント、RS7スポーツバックともにバルコナレザーのSスポーツシートを採用。

大型のアルミニウム製シフトパドルとマルチファンクションボタンが設置されたヒーター機能付3スポークステアリングホイールなどにより、スポーティさに加え、プレミアム性を強調する。

アウディRS7スポーツバック・インテリア
アウディRS7スポーツバック・インテリア    アウディ

アウディ最新のデジタル技術やセーフティ技術も搭載。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメントシステムを採用。バング&オルフセン3Dサウンドシステムを標準装備。

またアダプティブ・ドライブアシストやアウディプレセンスシティ、アウディサイドアシストなど、数々の運転支援システムを備える。

ステアリングは、RS6アバント、RS7スポーツバックともに右、左を用意。価格は、RS6アバントが1764万円、RS7スポーツバックが1799万円。

 

人気記事