ボルボ60シリーズに新型パワートレイン、Drive-Eを搭載

2014.02.20

ボルボ・カー・ジャパンは、新開発の2.0ℓ4気筒直噴ターボ・エンジンT5と8速オートマティック・トランスミッションを組み合わせた新しいパワートレイン、Drive-Eを、ボルボ60シリーズ(S60、V60、XC60)に搭載し、2月20日より発売を開始した。

この新しいエンジンは、245ps、35.7kg-mのパワー、トルクを持つもので、従来のT5エンジンに較べて5ps、3kg-mのパワーアップを達成。まだ、燃費は23%の改善となる13.6km/ℓ(XC60)となっている。

ガソリン直噴エンジンとしてはクラストップとなる20MPaの燃圧を実現した高圧インジェクターや、エンジン内部のフリクション・ロスの軽減、専用エンジン・オイル、可変制御オイル・ポンプ、電動ウォーターポンプ、高性能ターボチャーチャーの採用など、主要コンポーネンツの効率化を図った結果、燃費だけでなく、ドライバビリティも向上したという。

また、このエンジンは。ボルボとしては初となる省燃費走行モードであるECO+が選択可能。このモードを選ぶと、シフト・ポイント、エンジン・レスポンス、アイドリング・ストップの最適化が図られる他、そしてエンジンとトランスミッションを自動的に切り離して慣性エネルギーを効率よく使用するエコ・コースト機能がより効率的に制御されるという。

価格はXC60シリーズが4,990,000円から6,990,000円、S60シリーズが3,790,000円から6,190,000円、V60シリーズが3,990,000円から6,390,000円だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事