これがロータス初のSUV! 新型「タイプ132」の特許申請でデザインが明らかに

公開 : 2022.03.10 18:25  更新 : 2022.03.30 11:45

ロータス初の電動SUVのデザインが確認されました。0-100km/h加速3秒以下を目指す高性能モデル。

ロータス初の電動SUVの姿が明らかに

ロータスは3月29日に同社初のSUV「タイプ132(コードネーム)」を正式に発表する予定だが、オーストラリアのオンライン知的財産プラットフォームでデザイン特許の内容が確認され、外観が明らかとなった。

これまでにも公式の予告画像が公開されているが、全体像が確認されたのは今回が初めて。タイプ132と呼ばれる新型SUVは、ジャガー Iペイスアウディeトロン・スポーツバック、フォードマスタング・マッハEの対抗馬となるであろう完全電動モデルだ。

ロータス「タイプ132」のデザイン特許画像
ロータス「タイプ132」のデザイン特許画像

ロータスの新型スポーツカー、エミーラに通じるようなシャープなスタイリングで、三日月型のヘッドライト、ラップアラウンド型のリアライトバー、突き出たボンネットの前縁などが特徴的だ。

大きく湾曲したルーフライン、スリムなサイドミラーカメラ、フラッシュ式ドアハンドル、彫りの深いサイドパネル、リアスポイラーなど、航続距離を最大化するために空力効率を重視していることが伺える。フロントスプリッター上部には、公式画像で予告された可動式グリルシャッターも確認できる。

このグリルシャッターは、三角形と六角形のモチーフが採用されているのが特徴だ。ロータスによると、冷却と空力効率の向上という2つの目的を果たす「真のエア・マネジメント・システム」であるという。

0-100km/h加速は3秒以下?

今月始め、ロータスは、「ハート、パワー、エネルギー、ソウル」をテーマにした予告映像で、内装の一部をプレビューしている。

映像では、イルミネーションボタン付きステアリングホイール、デジタルメーターディスプレイ、アルミホイールのデザイン、ヘッドライト、パワートレインなどが垣間見える。また、リアのライトバーを見せながらカメラの前を素早く通り過ぎ、遠くへ加速していく様子も映し出されている。

ロータス「タイプ132」のデザイン特許画像
ロータス「タイプ132」のデザイン特許画像

中国の自動車メーカーであるジーリー(吉利)の傘下に入ったロータスは、タイプ132が成長戦略の重要な要素となることを期待している。

すでに報じられているように、タイプ132は2016年から開発が進められており、608psと760psの2種類の4輪駆動モデルが発売される予定だ。また、92~120kWhの容量のバッテリーを搭載でき、800Vの充電が可能になる。

パフォーマンスの向上にも力を入れており、0-100km/h加速のタイムを3.0秒以下にするという。

タイプ132は、中国・武漢に9億ポンド(約1380億円)で建設される新工場で製造され、ロータスが今後5年間に発売する2台の中国製EVのうちの1台となる。

また、アルピーヌと共同開発している待望のEVスポーツカー「タイプ135」は、2026年以降、英国のヘテルで製造される予定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ロータスの人気画像