ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル試乗 ハレとケ 彩る唯一無二の世界観

公開 : 2022.03.31 05:45  更新 : 2022.04.01 12:02

ハレとケが彩る世界観

後ろ髪を跳ね上げるように渦巻く風を感じながら、トラックが増えてきた夕方の首都高を南下する。

コンチネンタルGTコンバーチブルというクルマは、ベントレーという洗練された基盤の中に2つのハレとケが共存しているということで説明がつく。

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル    宮越孝政

幌の開けているとき、もしくは飛ばして走っているときがハレ(非日常)。

幌を掛けているとき、またはゆっくりと走っているときがケ(日常)というわけで、この2つはさまざまなシチュエーションで絡み合う。

幌を開け放ち、飛ばして走っている今が究極の非日常であることは言うまでもない。

念のために言っておくと、現行のコンチネンタルGTは、ボディの大きさから想像されるようなダルなクルマではない。

低速では滑らかさを売りにしていたW12エンジンもそう。

過給エンジンでありながら、6200rpmのリミットまで右肩上がりにパワーが高まっていく。

レブカウンターもパドルシフトも形骸的なものではないのだ。

かつて巨匠は「ダンディトーク」という著書の中で、ベントレーを「エレガントな怠惰」と表現していた。

そういった風情は、現代のベントレーにもいい意味で残されている。

だがそれだけではないという二面性が21世紀の、もしくは戦前のベントレーが備えていた本来のスタンスなのである。

ブランドのコンセプトから読み解けば、電動化された未来のベントレーも間違いなくいいだろう。

だが今現在のモデルもこれ以上ないほどの完成度なのである。

ベントレー・コンチネンタルGT(W12モデル)コンバーチブルのスペック

価格:3740万円
全長:4850mm
全幅:1964mm
全高:1399mm
最高速度:335km/h
0-100km/h加速:3.7秒
車両重量:2436kg
パワートレイン:W型12気筒5950ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:659ps/5000-6000rpm
最大トルク:91.6kg-m/1500-5000rpm
ギアボックス:8速デュアルクラッチ・オートマティック

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル    宮越孝政

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    宮越孝政

    Takamasa Miyakoshi

    1973年生まれ。スタジオワークを中心としたカメラマンのアシスタントを数年経験後、自動車雑誌の編集部員として、見習いに。編集部員時代に鍛えられた事は長距離の自走での移動と早朝ロケで早起きすること。その後、独立し、フリーランスとなる。クルマと関わりを持っていられることに幸せを感じる。愛車はルノー・カングー、日産スカイラインGT-R(R32)

関連テーマ

おすすめ記事

 

ベントレー コンチネンタルの人気画像