アウディRS4アバント

広報車になった個体のオーダー時の都合により、今回はちょっとおもしろいのに乗ることができた。フツーなら黙ってフルオプつきになるところ、ある装備に関しては「それがつくのを待ってると納車に時間がかかるので……」ということでナシだった。

その装備とは、「ダイナミックライドコントロール付スポーツサスペンション」。受注生産のスペシャルオプション。それがナシだとどうなるかというと、要は素のアシ。一本勝負セッティングのスポーツサスペンション。もちろんRS4アバント用の。
 で、それがヨカッタ。パッチ当て舗装ありまくりの生活道路から高速道路までいろんな道を250kmほど運転して、ダンパーの減衰力をヌいてほしい気持ちに結局1秒もならず。なんだ。可変ウンタラ、要らないじゃん。ついでにガラス屋根(電動チルト式2ウェイガラスパノラマサンルーフ)のオプションもナシにしてくれたらもっとヨカッタ。

少なくとも日本においては、このようなクルマは贅沢のためのもの以外のナニモノでもない。「贅沢、してるなあ」な気持ちよさが値段ナリになかったら、それはまったくもってしょうもない。そういう贅沢性能の観点からして、RS4アバントの素のアシは加点要素たりうる。アレコレ可変はビンボー。セコい。変えられたところで結局よくなかったりするし。

前後とも265/30ZR20のタイヤはミシュランがついていた。PS2。それもまた、贅沢性能的に加点要素になっていた。まっすぐ走る。キレイに転がる。ヘンなたわみかたをしない。でもちゃんとたわむ。あとブレーキ。ディスクローターは円形でなく、ナンというか花びら大回転シェイプ。中央のベルハット部との2ピース構成。でまた、ローターとハット部との締結のしかたがステキ。ボルト(じたいは見えないけれど)がラジアル状にネジ込まれている。ボルトの軸の先がホイールの中心を向いている。いずれも、回転部質量を小さく抑えるための工夫。

 
最新試乗記

人気記事