2代目レンジローバー・イヴォーク 新型を試乗評価 新アーキテクチャ採用

2019.03.15

サマリー

JLR社の開発拠点がある英国ゲイドンが生んだベイビー・レンジローバーは、2代目にして一層熟成が進み、目を見張るほどの洗練性とラグジュアリーさを備えています。このモデルではベストとはいえないであろう、ガソリンエンジンの中間グレードで、その仕上がりを評価しました。

もっと深堀り

 
最新海外ニュース

人気記事