海外初試乗

2015.07.24

ロータス・エヴォーラ400

テスト日 : 2015年07月22日

価格 : £73,000(1,404万円)

一見 ‘いつもの’ エヴォーラに見えるこのクルマ。中身は、熱狂的なドライバーでも楽しめるものになっている。

■どんなクルマ?

今までのエヴォーラとは違うモデルである。念のため。

外観こそ、マイナー・チェンジしたクルマのように変更点はごく僅かであるが、全体の2/3が新しく設計されたパーツを使用したり、既存パーツを改良したりと大規模な変更がなされている。

なかでも最も大きな変更点といえば、トヨタ製3.5ℓ V6エンジンのための冷却システムが変わった点だ。最高出力は51psアップの406psに及んでいる。車重も42kg軽減済み。乾燥重量は1400kgを切るに至った。

改良は押し出し成形のアルミニウム・タブにも及び、27,000Nm/degのねじれ剛性を維持しながらも、サイド・シルは43mm狭められ56mmに達した。おかげで乗り降りもしやすくなった。

足元のスペースも増え、使い勝手が良くなっただけでなく、見た目にも ‘エリーゼのうえのグレード’ という立ち位置にふさわしくなった。

メカニカルな面では、エヴォーラSが使用していたのと似たAPレーシング製ブレーキを採用。似ているといえどもディスク径はフロントは370mmに、リアが350mmへと拡大された。

ステアリング・ラックは2.8ターンと基準車と同じであるため、その優美なフィールは維持されたまま。基準車よりもトーイン状態にしているのは、敏捷性を高めるためである。

最新初試乗

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧