ロータス・エヴォーラ400

公開 : 2015.07.24 23:50  更新 : 2017.05.29 19:24

バンプを越える度にステアリング・コラムからもカタカタと振動が伝わってくるが、ターンインにはキレがあり重みもしっくりとくる。

サーキット場でのエヴォーラはとても限界がたかい。ロータスが強調するほどダウンフォースが突出しているわけではないのは、決してエヴォーラ400がエアロ・カーではないからだ。だがタイヤを目一杯使い切って走らせる喜びがある。

ピッチ/ロールは皆無ではない。乗り心地のことまで考えた結果だ。ただボディ・コントロールは決して難しくなく、スムーズに速く簡単に走らせられる仕立てである。ニュートラルなのだ。

サーキットのラップ・タイム短縮を目指して攻めこむも良し。存分にドリフトするも良し。ドライバーにしっかりと寄り添ってくれる、良きパートナーになってくれるだろう。素晴らしいクルマである。

■「買い」か?

前回エヴォーラをテストした際、リード文には “世界屈指のハンドリング・カーである。しかし……” と記したが、それからかなりの月日が経った。

ポルシェケイマンGT4をローンチ、911GTSも加わった。たしかにエヴォーラ400は、これらのベンチマークに近いレベルに至った。屈指のハンドリング・カーであることも変わりない。

ならば ‘しかし’ という接続詞はどうだろう? これに関しては、今までほど強い意味合いをもたなくなったといっていい。あいかわらず ‘しかし’ という言葉が残るものの、従来のエヴォーラからの飛躍的な進化の方をAUTOCARは強調したい。

(マット・プライヤー)

ロータス・エヴォーラ400

価格 £73,000(1,404万円)
最高速度 299km/h
0-100km/h加速 4.2秒
燃費 10.4km/ℓ
CO2排出量 225g/km
乾燥重量 1395kg
エンジン V型6気筒3456ccスーパーチャージャー
最高出力 406ps/7000rpm
最大トルク 41.8kg-m/3500-6500rpm
ギアボックス 6速マニュアル


▶ モーターショー / ロータス・エヴォーラ400
▶ 海外初試乗 / ロータス・エキシージSロードスター・オート
▶ 国内初試乗 / ロータス・エキシージSロードスター
▶ 海外初試乗 / ロータス・エリーゼSカップ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロータスの人気画像

×