コラム&エッセイ

2017.07.15

クルマ漬けの毎日から

[編集部より]

ドイツ南部に開設されたマツダ・ミュージアム。クロプリー編集長が訪問してきました。なぜこの地に、マツダのヘリテージが集まるのでしょうか?

独マツダ・ミュージアム 世界が見たマツダ草創期 スティーブ・クロプリー編集長

Mazda produced some extremely innovative cars in its earliest days

 
個人が所有する、世界にふたつとないマツダの自動車ミュージアムから戻ってきたばかりだ。このミュージアムは今年5月にドイツ南部のアウクスブルクにオープンしたばかりである。

設立者のヴァルター・フライは第二次世界大戦の終戦時に避難民として、手押し車に一家の全財産を載せてアウクスブルクにやって来た。

 
フライはこの地が気に入り、もし頑張って働いてそれが報われれば、二度と貧しい暮らしを送ることはないだろうと思った。

彼は1970年代にドイツにおけるマツダの先駆けとなった販売店を営み、かつマツダのエンスージァストになる。そして、息子のマーカスとヨアヒムの助けを借りて、この家族経営のビジネスを成功させた。また、収集した120台のマツダのうちの多くを個人的にレストアしたという。
 

next pageマツダ旧車の価格に、変化が…

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。