コラム&エッセイ

2018.01.03

クルマ漬けの毎日から

編集部より

2018年1月。「ジネッタ」がル・マン参戦用のシャシーを発表します。そしてここに、ル・マンで英国勢が活躍して欲しいと願う方がひとり。クロプリー編集長のコラムです。

ジネッタ ル・マンに「ユニオンジャック」が舞う日 クロプリー編集長コラム

Ginetta is making a bold bid for Le Mans success

ジネッタのオーナーでキーパーソンでもあるローレンス・トムリンソンに会いにリーズ(イングランド北部の都市)へ行き、素晴らしい一日を過ごした。トムリンソンは2018年のル・マンのグリッドに6台のLMP1マシンを送り込もうと計画し、まるで熱い戦いがすでに始まっているかのように熱心に取り組んでいる。ル・マン24時間レースの勝利を目指してイギリスからこれほど多く参戦するのは、数十年振りになるだろう。

 
だが、わたしにとって興味深いのは、本格的なロードカーメーカーとしてのジネッタの潜在能力である。トムリンソンがロードカーの製造を考えているのはまちがいない。すでにわずかながら、その方面のビジネスに参入しているからだ。
 

next pageジネッタのロードカー 成功への道は?

すべての画像をみる

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気コンテンツ