まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2020.12.15

【笹本編集長コラム】レンジローバー・イヴォーク納車から1年2か月 絶好調

イヴォーク、数少ない欠点は

レポートを書かなかったもう1つの理由は、このイヴォークにとても満足していて、あまり書くことが無く、毎回褒めてばかりいると胡散臭く思われてしまうからだ。

それほど、気に入っているのだが、数少ない欠点を上げれば、ダッシュ上のエンジンワーニングランプが新車以来、ずっと点きっ放しになっていることで、もう1つのETCのワーニングは1年点検で治ったが、未だに直っていない。

実は、このトラブルは、前のXEでも偶に出ていて、原因はプログラムの問題だと判っているので私は気にならないが、治してほしい一般のユーザーは多いと思われる。

外観のデザインはスタイリッシュで、毎日、見ていても飽きない。今だに多くの人から、カッコいいクルマにお乗りですね、と言われるのは嬉しい。

先代のイヴォークからは様変わりの高品質で、ステアリングの感触を始め各スイッチ類の操作感も良好であり、甲府と川崎の100km以上の距離の往復でも、疲れずにゆったりと走ることができる。

9月の中旬に1年点検を行ったが、油脂類の交換のみで、ブレーキパッドの残量も充分にあり、殆ど費用は掛からなかった。この時、メーカー推奨のドライブレコーダーを装着している。

作冬はほぼ雪が降らず、折角の四駆も役に立たなかったが、今年の長期予想では、雪が降りそうなので、このイヴォークの真価が発揮できそうで、楽しみだ。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。
 
 
 

人気記事