まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2021.03.20

笹本編集長のアストン マーティン・ヴァンテージ。先日フロントマスクを「アストン顔」に変更しました。

【笹本編集長コラム】アストン マーティン・ヴァンテージの顔を変えました

もくじ

まずはこの1年について
仮組みから本組み 大満足

まずはこの1年について

先回のレポートから1年以上が過ぎてしまったが、ようやく、注文をしていた「アストン顔」のグリル・キットが日本に到着し、日本第1号で装着が終わったので、早速報告したい。

まずその前に、レポートが1年も途切れていた言い訳をすると、私はAUTOCAR JAPANの編集長の他に、甲府の実家の旅館(信玄の湯 湯村温泉の常磐ホテル)の経営もやっており、そちらの方が、ご承知のように、コロナ禍の緊急事態宣言でとんでもないことになり、この1年間、対応に追われていたのと、世の中の状況としても、とてもヴァンテージを乗り回すような環境にないことも有って、殆ど乗らず、毎日ガレージで惰眠を貪っていた、ということである。

信玄の湯 湯村温泉の常磐ホテル

この間、オーダーをしてあったアストン顔のフロントグリルが到着したら、すぐにレポートをしようと思っていたが、こちらも英国のコロナ禍で遅れに遅れ、今年の2月になって漸く日本に到着したので、早速、装着作業を行ったということである。

新しいグリルのキットの価格が発表され、発注がスタートしたのは昨年の8月で、何と、部品代、取り付け工賃、ペイント代を含んで63万8517円と、非常にリーズナブルな価格であった。

おそらく、これが、某イタリア車であったなら300万円は軽くいくだろうと思われたので、直ちに発注したが、その際、悩んだのは、グリルのカラーがシルバーとブラックの2色あり、その選択をどうするかだった。

「アストン顔」のバンパーに組み込まれるグリル。シルバーとブラックの2色がある。

私のヴァンテージの塗色は、ほぼブラックと言っても良いぐらいの濃いカーボンで、ルーフもホィールもブラックフィニッシュなので、常識的に考えれば、ブラックのグリルを選択するのだが、実は、シルバーの帯が有るほうがアクセントになって良いのでは、と考えた。

もし、シルバーを装着して、あまり似合わなければ、黒く塗ってしまえば良いが、その逆は難しいので、結局、シルバーを発注することに決定した。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事