海外試乗

2018.01.09

ジャガーE-PACE 2.0ℓ直列4気筒 インジニウムディーゼルに試乗

ジャガーE-PACE D180 AWD R-ダイナミック

テスト日 : 2018年01月04日

価格 : 3万4800ポンド(532万円)

文・アンドリュー・フランケル 

編集部より

ジャガーE-PACEの2.0ℓ直列4気筒インジニウムディーゼル搭載車の試乗記です。運転好きにとって気になるところはあれど、このクルマを買う大半の層は、おおむね気に入るというのがAUTOCARの結論です。

もくじ

どんなクルマ?
ライバルはマカン F-PACEより売れる

どんな感じ?
「ジャガーらしさ」期待すべからず
コーナーリング良好 ディーゼルも静か

「買い」か?
小型プレミアムSUVの購買層にウケる

スペック
ジャガーE-PACE D180 AWDのスペック

どんなクルマ?

ライバルはマカン F-PACEより売れる

E-PACEは、ジャガーのベストセラーになる可能性がある。

すでにF-PACEは、ジャガーが6年前に生産していた以上の数が売れているが、販売台数でポルシェ・マカンがカイエンの場を奪ったように、E-PACEは、F-PACEの場を奪うことになるだろう。

なお、この中間スペックのディーゼル・モデルは(少なくともイギリスでは)E-PACEのなかでベストセラーとなるはず。政治家やタブロイド誌が、ディーゼル・エンジンのクルマをこの世から排除することに成功しなければ、だが。

JLRの誇るインジニウム・エンジン・ファミリーの180ps仕様のユニットは、オートマティックと4WDを組み合わせた時、同ファミリーの150psユニットと同等の燃費とCO2排出量を達成する。

前輪駆動モデルには、より低パワーのエンジンが搭載されるが、それでも車輪の空転を感じることができるほどパワーはある。

そのほかは、JLRファミリーの兄弟と変わるところはない。そのクルマとは、旧フリーランダーから発展した、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ。フリーランダーも、もとはといえば、その構造的なルーツをフォードがモンデオ向けに開発したそれに見つけることができる。

製造はオーストリア。なぜならJLRのイギリス工場は、すでにトリプル・シフトで24時間週7日のペースで稼動しているためである。

next page「ジャガーらしさ」期待すべからず

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ