海外初試乗

2018.07.12

初試乗 電動クラシック・ミニ「エレクトリック・ドライブ」 ミニの長所いかす

クラシック・ミニ・エレクトリック

オリジナルそのままの装備

パワーステアリングが装備されていないため、低速時には驚くほどステアリングが重い。しかし、走行中であれば操作に対して正確に反応し、フィードバックも良好だ。オリジナルの非常に硬いサスペンションもそのままだ。

電動パワートレインの鳴き声を聞きながら走るのはある意味新鮮だ。バッテリーの残量を示す小さなLCDスクリーンのほかは、内装からはクラシックミニとの違いはほとんどわからない。

ステアリングホイールは「スクールバス」と呼ばれる角度そのままだ。インテリアトリムやシート形状もオリジナルと変わらず、振り返った時にリアベンチの大型ボックスの存在に気づく程度だろう。

これはバッテリーを搭載するためのスペースだ。30個のバッテリーによりおよそ105kmの走行が可能で、220Vの家庭用電源での充電には4時間ほどを要する。これらのバッテリーは重いが、燃料タンクの代わりに搭載されているため重量配分には影響してない。

DIYでも同様の改造ができるだろうか? ミニはこのプロジェクトに価格を設定していないが、製作者自身は5年以内にはこれをキット化することが可能だと語る。「多くのクラシック車はパーツが不足しており、お金をかけて走らせるか廃車にするかの選択を迫られています。電動化のための改造はそれらを引きつづき走らせることに繋がるでしょう」とブルメスターはいう。

next pageクラシック・ミニ・エレクトリックの役割

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ