海外試乗

2018.10.11

初試乗 新型ポルシェ911(992型)プロトタイプ わずかだが着実な進歩

ポルシェ911(992)プロトタイプ

内外装は細部が洗練

ただし、すでにわかっていることもある。例えば大型化されたボディサイズなどだ。

歩行者保護性能に関する規制強化のため、ポルシェはフロントのオーバーハングを若干延長せざるを得なかったようだ。これにより、全長がわずかに長くなったほか、後ろ寄りの重量配分も少々マイルドになった。

スタイリング面での変更点はおおむね予想通りの進化だ。バンパー、ヘッドライト、ドアハンドル、ミラーハウジング、そしてテールライトなどに変更が加えられている。テールライトは今まで以上に細くなり、左右につながるライトバンドが取りつけられている。


内装はよりわかりやすい変更が行われていた。新設計のダッシュボードやセンターコンソールに加え、現行911にも使われる918スパイダーのようなステアリングもより洗練されたデザインになった。

デジタルのインストゥルメントパネルが装備され、その中央にはアナログ風のレブカウンターが表示されていた。最新のインフォテインメントやコネクティビティ機能を司るタッチスクリーンも搭載される。

next page若干パワーアップ PDKは8速に

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ