止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)

公開 : 2024.04.14 17:45

価格高騰が止まらない、空冷ターボのポルシェ911 1989年まで進化を重ねた、930型の発表から50年 空冷最後となった四輪駆動の993型 英国編集部が魅力を再確認

過給されていることを隠さない911 ターボ

極太のタイヤを包む、ワイドなフェンダー。ホエールテールと呼ばれる、巨大なリアスポイラー。エンジンリッドで誇らしげに輝く、斜体のTurboロゴ。ポルシェ911のターボほど、高く過給されていることを隠さないモデルは珍しい。

2024年は、そんなランドマーク的モデルの誕生から50年目。1974年のフランス・パリ・モーターショーでのデビュー以来、空冷フラット6のターボは、連綿と研ぎ澄まされてきた。

手前からグリーンのポルシェ911 ターボ(993型)と、レッドのポルシェ911 ターボ3.0(930型)、レッドのポルシェ911 ターボ3.6(964型)
手前からグリーンのポルシェ911 ターボ(993型)と、レッドのポルシェ911 ターボ3.0(930型)、レッドのポルシェ911 ターボ3.6(964型)

ドイツ・シュツットガルトのスポーツカー・メーカーが、ターボチャージャーを市販車へ採用するのは当然の流れだった。近年では、燃費を向上できるエネルギー回収装置といえるが、当時はモータースポーツ直系の高性能化装置だった。

1970年代初頭、ル・マン24時間レースを連覇したポルシェだが、新レギュレーションが成立。水平対向12気筒エンジンを積んだ917は速すぎ、出場が許されなくなった。

そこで、1974年シーズンへ向けてカレラRSR 2.1ターボを開発。販売に大きな影響を与えるグループ4や5への参戦には、400台以上の公道モデルの生産が求められた。

かくして、半世紀前のパリでお披露目されたのが、930型の911 ターボ。カレラRSR 2.1ターボと多くを共有する、3.0L水平対向6気筒にKKK社製のターボチャージャーを1基結合。6.5:1の圧縮から、263psを引き出した。

燃料供給は、ボッシュ社のK-ジェトロニック・インジェクションで、最大トルクは34.9kg-m。通常の2.7Lエンジンの911は、213ps/6300rpmと25.9kg-m/5100rpmで、動力性能の差は歴然だった。

400台のホモロゲーション仕様

パワーを受け止めるため、シャシーもアップデート。リアタイヤは15インチながら、アルミホイールは強化品の8.0Jへ拡幅され、ハブベアリングも専用品が組まれた。

サスペンションのセミトレーリングアームは、スチール製から鋳造アルミ製へ置換。高速走行時の安定性を高めるべく、特徴的なスポイラーも与えられた。そのぶん、価格は約2倍へ上昇した。

ポルシェ911 ターボ3.0(930型/1974〜1977年/海外仕様)
ポルシェ911 ターボ3.0(930型/1974〜1977年/海外仕様)

今回の4台の内、ガーズ・レッドの930が、そのターボ。ホモロゲーション仕様そのもので、初期に生産された400台の1台に当たり、希少性は極めて高い。シャシー番号は80。初代オーナーは、オーストラリア人だったという。

ドアを開きスポーツシートへ腰を下ろすと、タータンチェック柄の座面が優しくお尻を包む。車内はポルシェの定石通り。扇形に広がったメーターパネルに、5枚のメーターが並ぶ。フロアヒンジの3枚のペダルは、左側へオフセットしている。

前方には、フェンダーへ挟まるように、低いボンネットが伸びる。オプションだった調整式ステアリングコラムが備わり、理想的な位置へステアリングホイールを置ける。

911 ターボ3.0は、自然吸気のRSのように、シリアスなロードゴーイング・レーサーではない。車重は1195kgと軽く、豊満な動力性能を備えるが、快適性も維持している。

初期のホモロゲーション仕様でも、エアコンにパワーウインドウ、ハーフレザー・シートなどを得ていた。これらは、グループ4マシンの934にも受け継がれている。もっとも、それは規定の最低重量が重すぎたから。省く必要がなかったのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ベン・バリー

    Ben Barry

    英国編集部ライター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事