海外試乗

2018.11.07

試乗 アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ 「痛快そのもの」

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ

文・トム・モーガン 

編集部より

アルファのSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」に、ようやく右ハンドル仕様が用意されました。暴力的ともいえる加速性能とクラス随一のハンドリング性能を持ち、SUVらしい実用性と高いパフォーマンスの両立が魅力です。

もくじ

どんなクルマ?
ジュリアに続く新世代アルファ

どんな感じ?
ターボらしからぬサウンドと暴力的な加速
クラス随一のハンドリング性能
ノイズは多いが洗練されたキャビン

「買い」か?
刺激的な走りと実用性を両立

スペック
アルファ・ロメオ・ステルヴィオのスペック

どんなクルマ?

ジュリアに続く新世代アルファ

ステルヴィオ・クアドリフォリオは皆が憧れるクローバーのバッジをつけた初めてのSUVだが、立派にアルファ・ロメオの一員に仕上がっていた。アルファ・ロメオはジュリア・クアドリフォリオで原点復帰を果たし、赤い血の流れる真のパフォーマンスカーを生み出す能力を再び世に知らしめた。ステルヴィオはこれに続くモデルとして作られたのだ。

ステルヴィオ・クアドリフォリオはジュリア・クアドリフォリオと2.9ℓツインターボV6エンジンや8速ATを共有しているが、ギア比は変更されている。また、ジュリアは510psのパワーで後輪のみを駆動していたが、ステルヴィオはQ4システムを搭載し、四輪駆動となっている。

最大トルクの半分である30.6kg-mまで前輪に送られるが、これはリアタイヤがスリップし始めた場合に限られる。それ以外は後輪駆動で、リアディファレンシャルによってトルクが左右に配分される。これらを組み合わせることで、ステルヴィオは驚愕のパフォーマンスを実現している。

われわれAUTOCAR英国編集部はすでに2度、フェラーリから供給されたエンジンとクラス随一のハンドリングのポテンシャルを体験している。1度目はUAEにあるジュベル・ジェの滑らかな舗装路で、もう1度は英国で左ハンドル仕様を試乗した時である。今回は、英国で右ハンドル仕様を試す初めての機会だったのだ。

next pageターボらしからぬサウンドと暴力的な加速

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ