[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型BMW 3シリーズ 320d(G20)に初試乗 フルモデルチェンジ 走りは健在

2018.12.14

100字サマリー

遂にわれわれの前に姿を表した、7代目となる新型3シリーズ。6代目よりさらにボディサイズは大きくなっていますが、3シリーズらしいスポーティな仕上がりには期待がかかります。一足先に、ポルトガルで試乗しました。

もくじ

ミドルサイズになった3シリーズ
優先は拡大し続ける中国市場
注目の「リフト・リレーテッド」ダンパー
4気筒ディーゼルはシーケンシャル・ツインターボに
明確に進化したハンドリング
番外編:「ヘイ! BMW。音声認識の完成度は?」
スペック
BMW 320dのスペック

ミドルサイズになった3シリーズ

突然だが、現在の民主主義における基本的な理念としては、権力者は現実を見つめ、民意を聞き入れつつ、自身の意見を述べるということが前提となっている。取るに足らない当たり前のこととはいえ、今の時代においては非常に大切な理念だと思う。

さて、新しい3シリーズだ。「BMWの3シリーズは、スポーティなドライビングの楽しさに溢れた、プレミアムなミドルサイズのサルーンとして、40年以上の歴史を持っています」この文面は、今回の7代目3シリーズのプレスリリースに記載されていた文言。しかも、冒頭に。少しナンセンスに感じてしまった。1週間ほど前に受け取ったそのプレスリリースには、これに似た表現が何度も繰り返されており、そのあまりの多さに、逆に不信感を抱いてしまったほど。

一体、3シリーズはいつからミドルサイズになったのだろう。BMWは3シリーズの40年という歴史のうち、殆どをコンパクトなエグゼクティブ・サルーンとして定評を得てきたのではないだろうか。

しかし今では、この考えは誤りのようだ。BMWが主張するように、3シリーズはミドルサイズになってしまった。その考えにはしっくりこないし、いつからミドルサイズになったのかわからないけれど、1シリーズと2シリーズの人気や新市場という、BMWが聞き入れなければならない合理的な理由はある。

読者それぞれに、3シリーズへの思い入れもあるだろう。物事の受け止め方は様々だと思う。英国人のだれもが、ドイツ製のクルマの性格を、世界中で誰よりも詳しく理解しているわけではないけれど。

 
最新試乗記