海外試乗

2019.07.13

初試乗 ベントレー・コンチネンタルGT V8 W12を上回るブランドの本質

ベントレー・コンチネンタルGT V8

テスト日 : 2019年6月26日

価格 : 14万8800ポンド(2023万円)

文・アンドリュー・フランケル 

編集部より

ベントレーとしては控えめなV8エンジンを搭載したコンチネンタルGT V8。しかし、100年目の節目を迎えるブランド試乗、最も訴求力が高く、運転を楽しめる仕上がりを得たようです。

もくじ

どんなクルマ?
ベンテイガと同じV8から550psを獲得
どんな感じ?
シャシーとのバランスで勝るV8
伝統的なグランドツアラーとして最上級
「買い」か?
W12よりもベントレーの本質を突いている
スペック
ベントレー・コンチネンタルGT V8のスペック

どんなクルマ?

ベンテイガと同じV8から550psを獲得

ベントレーの最新モデルとはいえないコンチネンタルGTに、4.0ℓのV8ツインターボモデルが加わった。先代のコンチネンタルと同様に、6.0ℓのW12気筒エンジンを搭載したフラグシップモデルと両翼をなす、重要な位置付けのモデルとなる。

エンジン自体はベンテイガV8と基本的に同じ。最高出力は550psで、528psを発生させていた先代コンチネンタルGT Sよりもパワーアップを果たしている。加えてシャシーは130kgと、効果的なダイエットにも成功している。0-100km/h加速は健康的に4.0秒で到達する。

価格は14万8800ポンド(2023万円)からで、6.0ℓW12エンジンのコンチネンタルGTよりも1万1000ポンド(150万円)ほど低い設定となる。車重も現行のW12より50kg程度軽くなるが、すべては鼻先に積まれたエンジンの重量の違いによるもの。パワーウェイトレシオはどちらも30ps/tとなる。

サスペンションもV8エンジンに合わせて手が加えられているが、基本的に車重の違いや前後重量配分の変化に最適化した内容だという。

今回は、オレンジ色のボディが映えるアメリカでの試乗となった。

 
最新試乗記

人気コンテンツ