海外ニュース

2018.04.17

ボルボ 既存ラインナップの電動化に注力 次期型発表まえに

次の新型車はV40ハッチバック

XC40は今年秋にハイブリッド仕様が追加される。そしてこのモデルがボルボとして初めて完全にEV化されるクルマになりそうだ。

ボルボが保有するパフォーマンスブランドであるポールスターも同様に純粋なEV車を投入する予定で、昨年発表されたコンセプト40.2に類似したデザインになるといわれる。

ボルボのラインナップで次に入れ替えられるのは、V40ハッチバックだ。カースメイカーによれば、次のV40はXC40と同じコンパクト・モジュラー・アーキテクチャが採用される。電動化されるとともに、スタイリング面も「大きな進化」が起きるようだ。

「先代XC90から現行XC90の間にはサイズを含め非常に大きな違いがあります。XC40は全く新しいモデルということもあり、さらなる挑戦ができました。V40の立ち位置は確立されていますから」

ボルボは現在より強力なプレミアムブランドとしての成長を図っている。昨年、世界で57万1577台を売り上げ、2016年比で7%の増加を果たした。欧州においては、XC60の売り上げは9万9023台と、BMW X3の4万1355台という数字の2倍以上だ。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ