海外ニュース

2018.05.18

アストン マーティン、ブガッティ出身デザイナー起用 パフォーマンス追求へ

編集部より

ブガッティ出身のデザイナーがアストン マーティンのデザイン部門を率いることになりました。アストンは今まで以上にパフォーマンス志向への移行を目指しており、空力に詳しいデザイナーを招き入れた形です。レッドブルとの協力も新たな知見をもたらしています。

もくじ

パフォーマンス追求のため
モータースポーツへの関与も

パフォーマンス追求のため

アストン マーティンはよりハイパフォーマンスを追求するため、ブガッティ出身のトビアス・シュールマンをデザイン部門ボスとして招き入れることにした。

シュールマンは過去にメルセデス・ベンツ、PSAグループ、フォルクスワーゲンなどでの経歴を持ち、その後ブガッティのエクステリア担当を務めていた。アストン マーティンはラインナップの高性能化を図っており、彼の経験を活かしたい考えだ。

ハイパーカーのヴァルキリーはその象徴だが、その後もDBSスーパーレジェーラやうわさされるヴァンキッシュなどがこの対象となる。

これにより、現在のライバルであるベントレーなどよりもフェラーリやマクラーレンがターゲットとなるだろう。

DB11やヴァンテージがこの移行のきっかけだ。また来月発表予定のDBSスーパーレジェーラは710psのV12ターボを搭載するホットモデルとなる。2021年には、新生ヴァンキッシュが打倒フェラーリ488GTBやマクラーレン720Sを目指して登場する。

next pageモータースポーツへの関与も

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ

        ×