海外ニュース

2018.11.08

ポルシェ・ボクスター20周年記念 特別レストアモデル、NECショーに出品 

編集部より

ポルシェが、20台ものレストア・モデルを、NECショーに展示します。登場からすでに20年を超えたポルシェ・ボクスターをはじめ、空冷、水冷、トランスアクスルのモデルが登場。最新情報をご紹介します。

20台を初公開

ポルシェはレストアされた20台のモデルを、NECバーミングハムで開催されるランキャスター・シンシュランス・クラシックモーターショーに出品する。

期間は11月9日から11日までで、いずれのモデルも今回が初公開の逸品。この企画はポルシェ70周年記念の一環で、今回はマイルストーンとなるスペシャルエディションモデルが集められている。

初代ボクスター10台のほか、空冷、水冷、トランスアクスルのモデルが集められ、すべてのモデルには「リキッドメタル」のシルバーペイントが施される。これは今まで、918スパイダーにのみ採用されていたカラーだ。

そのほかにも特別なレストアが施され、記念プレートや専用のインテリアが採用されている。レストアにはポルシェクラシック純正パーツやアクセサリーのみが使用され、作業はすべてポルシェセンターやポルシェが推薦する業者で行われた。

今年末には販売も行われる予定で、詳しくはNECショーで知ることができる。さらに、レストレーシングされたモデルがグリッドスタートのように展示される企画も用意されている。

next pageレストレーシングとは

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ