海外ニュース

2018.11.27

新型メルセデス・ベンツCクラス プロトタイプ初捕捉 2020年登場へ

編集部より

次期メルセデス・ベンツCクラス(W206)のプロトタイプが、初めて目撃されました。スタイリングは現行から飛躍的な変更はないものの、新型3シリーズに対抗すべく多くの手が加えられています。写真5枚!

もくじ

新プラットフォーム、高度な自動運転装備も
48Vシステムが全エンジンに

新プラットフォーム、高度な自動運転装備も

メルセデス・ベンツの5世代目となる次期型Cクラスとみられるプロトタイプが初めて目撃された。2020年に登場するようだ。

シュトゥットガルトにあるメルセデスの本社近くで目撃された新型Cクラスは、新型BMW3シリーズに対抗すべく開発が進められている。

もっとも重要な変更点は新設計のプラットフォーム、ハイブリッド・ドライブトレイン、より高度化された48V電動アーキテクチャなどが挙げられる。130km/hまでの速度で手を離すことができる新時代の自動運転技術も取り入れられる模様だ。

次期型Cクラスのルックスは、人気を博している4世代目Cクラスから大きな飛躍はしていないようだ。しかし、このプロトタイプをよく見てみると、フロントエンド下部のデザインやリアウインドウの傾斜が変わっていることがわかる。そして空力にも大きな変更が加えられ、Cd値は0.25にまで引き下げられているという。

next page48Vシステムが全エンジンに

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ