海外ニュース

2019.06.10

NSX-R(走行560km)、超高額で落札 NSXタイプRも出品 BH東京オークション

編集部より

初代NSX「タイプR」は、今でも圧倒的な人気を誇ります。BH東京オークションに、前期型に加え、後期型のRが出品。走行は数100kmというバリ物です。いくらで落札されたのでしょう?

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo:BH AUCTION

写真9枚 NA1Rは走行860km

新型NSXが登場したことにより、初代NSXの評価が高まっている。バブル期に登場したスポーツモデルに共通する徹底的な拘りと、ホンダが持つテクノロジーを余すことなく投入して製作された当時の最先端のクルマだからだ。

その中でも絶大な人気を誇るのがスポーツモデルのタイプR(後期型ではNSX-R)で、生産台数が少ないことからほとんど出回らないため、今では高額で取引されている。そんな貴重なNSX-RがBH東京オークションに出品されたのである。それも前期型のNA1と、後期型のNA2が!

当初はモノグレードで登場したNSXだが、1992年に待望のリアルスポーツとして「タイプR」が追加される。エンジンは手作業でバランス取りが行われた特製ユニットが搭載され、車体も120kgにも及ぶ軽量化が成され、愛好家を魅了する特別なNSXとなった。しかし手作業で製作されることから量産できず、その生産台数は464台に留まる。

今回出品されたのは1995年のNSX タイプR。ボディカラーはグランプリ・ホワイトでレカロ製のシートはレッドという組み合わせ。この個体のセールス・ポイントは860kmという、ほとんど新車といえるコンディションだ。もともと特別に扱われてきた個体が多いNSX タイプRだが、新車同様となると皆無といえるだけに、今回のオークションの目玉となったのもうなずける。

事前の予想落札額は2500~3000万円と発表されていたが、オークションがスタートすると入札が続き、最終的に2800万円(手数料込で3080万円)で決着がついた。額が今ひとつ伸びなかったのは、後期型Rと競合してしまったように思える。

next page後期型 4000万円超え

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ