【ロールス・ロイス】イギリス国内の事業継続に、固い意思

2020.01.09

100字サマリー

ブレグジットに揺れた2019年。しかし、ロールス・ロイスは、イギリスで事業を続ける固い意思を表明しました。本社には2000人が世界最高のラグジュアリーのために従事しています。

もくじ

本社を拡大 従業員は2000人
自分だけのロールス、ビスポーク

本社を拡大 従業員は2000人

2019年。英ロールス・ロイス・モーター・カーズは、グッドウッドにあるロールス・ロイス本社工場に多額の投資を行った。

これは、「イギリス国内で事業を継続していく固い意思と、将来に対する明るい見通しを改めて示すもの」と同社は説明している。

ロールス・ロイス・ファルコン・レイス
ロールス・ロイス・ファルコン・レイス

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、独BMWグループの100%子会社である。しかし、イギリスを代表する高級車ブランドとして、そのグローバル拠点は、英国のグッドウッドに置いている。

2003年にこの地に開設されて以来、本社の従業員数は2000人を超える規模に達した。

ブレグジット・ショックに揺れた2019年。ロールス・ロイスが実施した本社工場への投資の1つは、世界水準にある製造施設・設備・工程をさらに洗練させるものだった。効率性を最大限に高めることと、同社のカスタマーが求める最高水準の品質を確保することが目的だったという。

2020年第1四半期には、アッセンブリーホールに新たに増設される2階建ての施設が完成する予定だ。稼働後は、ホール1階に1000平方メートルの面積が加わるほか、2階にはオフィススペースも加わる。

自分だけのロールス、ビスポーク

また同じくグッドウッド本社には、ロールス・ロイスの真骨頂とも言える「ビスポーク・チーム」も拠点を置く。創造力豊かなデザイナー、エンジニア、熟練職人の数は、数100人を数える。

ビスポーク部門は好調で、カスターマーからかつてない高いレベルの特注の注文を受けており、2019年の需要は、過去最高を更新するものになったという。

薔薇の刺繍を施したファントム
薔薇の刺繍を施したファントム

なお、ロールス・ロイスでは昨年、拡大するグローバル需要に対応すべく新たに50人の雇用を生み出している。

 
最新海外ニュース