【マイルドハイブリッドを優先】ランドローバー レンジローバーのV8ディーゼルエンジン 生産終了か 英報道

2020.03.31

V8ディーゼル生産終了か

ランドローバーからの正式な発表はまだ無いが、この新しいユニットの情報は自動車情報サイトによって、すでに公開されている。

新しいユニットは、レンジローバー・スポーツで、71.3kg-mのトルクを発生し、0-97km/h加速は6.5秒、最高速度は225km/hとなる。

レンジローバー・イヴォーク
レンジローバー・イヴォーク

また、燃費は15km/L、CO2排出量は210g/kmを達成し、V8ディーゼルと比べ大きく改善されている。

フルサイズのレンジローバーにも、同じ2種類のエンジンが追加され、D350バージョンの0-97km/h加速は7.1秒、CO2排出量は最大225g/kmとなるそうだ。

一方または両方のユニットが、新型コロナウイルスの影響で延期されているジャガーXFおよびFペイスの今後のフェイスリフトモデルに採用されることも、期待されている。

まだオーダーが可能な状態にあるV8ディーゼルが、将来的に継続されるかどうかは、わかっていないが、6気筒と比較して非効率なユニットが採用されるとは考えにくいだろう。

フォードが開発した最後のエンジンの1つであり、ブリッジェンド工場で生産されているAJ-V8のガソリンエンジンは、今年末に生産を終了することが決定している。

 
最新海外ニュース

人気記事