【デザインの輪郭が明らかに】次世代レンジローバー・スポーツ プロトタイプを発見 2022発売 欧州

2020.02.10

サマリー

次世代レンジローバー・スポーツの、ウインターテストの様子が目撃されました。ヴェラールからデザインのヒント得たこのモデルは、より角張った輪郭と、はっきりとしたスタイリングラインを備えた、ハイブリッドとなるそうです。

もくじ

次世代レンジローバー・スポーツ
利益を生み出すモデル
3代目スポーツの概要
電動化への取り組み
販売にスポットライト
パワートレインでの協力で生き残る

次世代レンジローバー・スポーツ

text:Hilton Holloway(ヒルトン・ホロウェイ)

次世代レンジローバー・スポーツが初めて目撃されてから数週間が経つが、今回はウインターテストを受けている様子が発見された。

氷につつまれた湖でテストを受けるプロトタイプは、発売を2年先に控えたモデルとしては、カモフラージュが少な目だ。

ランドローバー・レンジローバー・スポーツ
ランドローバー・レンジローバー・スポーツ

現行モデルのデザインの発展形にも見えるが、このモデルはヴェラールからインスピレーションを得たもので、より角張った輪郭と、はっきりとしたスタイリングラインを備えている。

当初、スポーツより先に発売を予定されている、レンジローバー、フルサイズSUVのプロトタイプはまだ明らかにされていない。

新しいディフェンダーの売り上げが好調な、ジャガー・ランドローバーは、昨年、同社の事業再編計画「プロジェクト・チャージ」の下、黒字化を達成している。

さらに大きな利益を生み出すべく、デザイナーとエンジニアは、2022年版レンジローバー・スポーツの開発に力を注いでいる。

3代目ポルシェ・カイエンのライバルとなる、新しいモデルは、金型から作り直すようなフルモデルチェンジは期待されていない。

新しいプラットフォーム、電動パワートレイン、最新のテクノロジーを採用し、既存モデルのような、高級感とダイナミックな機能の、絶妙なバランスを保つことが目標とされている。

今年の3月で、発売から7年となる現行のレンジローバー・スポーツは、今年、マイナーチェンジされ、マイルドハイブリッド直列6気筒インジニウム・エンジンが追加される。

7年経ったモデルは通常打ち切りになることが多いが、新しい「スリーインワン」MLAハイブリッド・プラットフォームの導入のための大規模なエンジニアリング業務によって、次期型モデルの開発が遅れているようだ。

 
最新海外ニュース

人気記事