【スパイ画像】新しいランドローバー・ディフェンダーD300 マイルドハイブリッド テスト開始

2020.06.03

サマリー

新しいディフェンダーがテストを行う様子が、発見されました。300psと、0-97km/h加速7.4秒を達成する、マイルドハイブリッド3.0L 6気筒ディーゼルを搭載した、四輪駆動となることが期待されています。

もくじ

ディフェンダーD300
今年末にエンジン生産開始

ディフェンダーD300

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

ランドローバー・ディフェンダー6気筒ディーゼルモデルの、テスト車両が初めて発見された。

つい数週間前に、ガソリンV8モデルのテスト車両が、ゲイドンにあるランドローバーの研究開発施設外の道路を走行する様子が、撮影されたばかりだ。

ランドローバー・ディフェンダーD300
ランドローバー・ディフェンダーD300

新しい画像は、四輪駆動のリアとサイドからのみとなっているが、プロトタイプのナンバープレートは、マイルドハイブリッド3.0Lディーゼルエンジンを搭載していることを示している。

昨年リークされた文書には、同社は米国向けディフェンダーの、唯一のディーゼルオプションとして6ポットエンジンを提供すると書かれていた。

ジャガーランドローバーは、モジュラー・エンジン・ファミリーの一部として、最新のINGENIUM(インジニウム)ストレート6の、ディーゼルバージョンを開発していると言われている。

D300バッジを付けた新しいディフェンダーは300psを出力し、マイルドハイブリッドとして登録されている。

このユニットは両ブランドで徐々に展開される。

今年末にエンジン生産開始

リークされた文書に記されていた、0-97km/h加速7.4秒が、ディフェンダーの90と110のどちらの数値なのかはわかっていない。

エンジンは米国で今年の終わりに生産が開始され、ほぼ同時期にヨーロッパとイギリスのラインナップに加わることが予想されている。

ランドローバー・ディフェンダーD300
ランドローバー・ディフェンダーD300

6気筒ディーゼルオプションは、現行のディーゼルモデルの上に位置するバリエーションとなる。

それぞれ200psおよび240psを出力する、4気筒D200およびD240は、4気筒ユニットが提供する43.8kg-mよりも、大幅に大きなトルクが期待されている。

2021年初頭までに投入が予定されている別のバリエーションは、P400eのバッジを付け、ガソリン・プラグインハイブリッドモデルとなることが期待されている。

 
最新海外ニュース

人気記事