【半世紀ぶり】ジャガー、XKエンジンの生産再開 クラシックカー向けに

2020.06.30

サマリー

半世紀以上もの間、新品では入手できなかったクラシック・ジャガー用のエンジンが復活しました。3.8Lの「XK」と呼ばれるエンジンブロックは、当時の技術を正確に再現。オーナー必見の復刻版といえるでしょう。

クラシック・エンジン再生産

ジャガーが3.8L「XK」エンジンを復活させた。約50年ぶりの生産となるという。

現役だったころ、この6気筒ユニットはXK150、XK150 S、MkIX、Mk2、MkX、Eタイプのシリーズ1およびSタイプに搭載されていた。

ジャガーEタイプ
ジャガーEタイプ

価格は1万4340ポンド(189万円)で、決して安くはないが、パーツとアクセサリーに対する最低12か月の保証書に加えて、本物であるという証明書が付属している。

この新しいユニットは、オリジナルの仕様に基づいて製造された後、ジャガークラシックのエンジニアチームによってテストを受け、承認されている。

車両の所有権を証明できれば、オリジナルのエンジンブロックのシリアルナンバーが刻印されたものを入手することも可能だ。

そうでない場合は、新しいシリアル番号が刻印される。

 
最新海外ニュース

人気記事