【現代のSUVにない味】ディフェンダー愛好家が作った、イネオス・グレナディア デザイナーQA

2020.08.07

サマリー

ディフェンダー愛好家が作った「イネオス・グレナディア」。世界のオフロード・ファンが注目するこの新型4x4モデルについて、デザイナー・インタビューを敢行。実は、カーデザイナーじゃなかった…!?

もくじ

ディフェンダーにそっくり?
カーデザイナーではなかった
ヨットからクルマへ
現代のSUVにないもの

ディフェンダーにそっくり?

英国の大手化学製品メーカー、イネオスが送り出す本格オフローダー「イネオス・グレナディア」。

イネオスの創業者であるジム・ラトクリフは、旧型ディフェンダーの愛好家であったが、2016年の生産終了を受けて、自分で代わりのクルマを作ることを決意。

イネオス・グレナディア
イネオス・グレナディア

本プロジェクトのデザインリーダーに任命されたトビー・エクイエに、完成した「イネオス・グレナディア」について、質問をぶつけた。

ーーランドローバー・ディフェンダーとの類似性について、人々はどう思うでしょうか?

「私たちがコレクションしてきたクルマをベンチマークにすることは、とても魅力的でした。私が学んだことの1つは、クルマの間にはほとんど違いがないということです」

「つまり、一部を少し変えるだけで、全く違うものに見えるようになります。例えば、ヘッドライトを少しずらすだけで、フォード・ブロンコのようになります」

カーデザイナーではなかった

ーーグレナディアの“狙い”はどのように定義したのですか?

「達成したい品質のリストを作りました。すなわち、安心感、堅牢性、誠実、信頼性、目的意識です」

グレナディアのデザインリーダーであるトビー・エクイエ
グレナディアのデザインリーダーであるトビー・エクイエ

「それをチェックリストのように使いました。何かを決めるときには必ずリストに目を通し、条件を満たしているかどうかを確認していました」

「実車では、こうした目的を皆さんに認識してもらいたいと思っています」

ーークルマのデザイナーではないのですね。

「ええ、少なくとも今までは。ダービーシャー州の農場でトラクターとランドローバーに囲まれて育ちましたが、クルマには興味がありました」

「9歳の時、オースティン・ローバーにクルマのスケッチを描いて送ったんです。彼らは丁寧に返事をくれました」

「“スケッチはひどいものだったが、社内にはデザイン部門があるので、私が十分な年齢になったら研修制度に参加してみてはどうか”と言ってくれたんです」

「それまでは、デザインが実際に仕事として存在するとは知らなかったので、物がどのように作られているのかを知りたいという興味に駆られました」

 
最新海外ニュース

人気記事