国内ニュース

2018.03.30

AirSafe(エアセーフ) タイヤを見守る空気圧モニタリング・システム

高速でタイヤ・バースト その時…

タイヤ空気圧モニタリング・システムは、欧米では義務化がはじまっており、日本でも法規制化が検討されているという。今回のセミナーで改めて感じたのは、やはり高速走行時のバーストの危険性だった。


セミナー会場では、バースト時の映像を放映。
・クルマを立て直せず、そのまま横転
・並走車に激突し路肩に落下
という大変危険なインシデントが記録されていた。

もうひとつ驚いたのが、誰もが経験するちょっとした段差の乗り越えの危険性。デモンストレーションでは通常の空気圧でも斜めに侵入すると思いのほかタイヤが大きく変形する(トップ写真参照)というのが確認できた。より空気圧が減っている状態ではタイヤのバースト、ホイール自体の損傷が容易に想像できる。

AirSafeが一般的に広く使われるようになれば、良い意味で安心感と安全が可視化できることになるのだろう。

AIrSafeの価格は下記の通り。

・AS-CV1(クランプインバルブタイプ):15インチ以上アルミホイール用
3万6800円

・AS-SV1(スナップインバルブタイプ):スチールホイール、14インチ以下アルミホイール用
3万2800円

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ