国内ニュース

2018.12.17

改良新型プジョー308/308 SW 新1.5ℓディーゼル導入 全車に8速AT/ACC搭載

編集部より

プジョー308/308 SWに、新しい1.5ℓディーゼル・エンジンが搭載されました。全車に新世代8速AT、アクティブクルーズコントロールが標準搭載されます。ガソリン仕様の改良についても、情報が入りました。

もくじ

308/308 SW 新ディーゼル・ユニット「DV5」
308/308 SW ガソリン仕様
308/308 SW 価格/特別仕様

308/308 SW 新ディーゼル・ユニット「DV5」

プジョー・シトロエン・ジャポンが、プジョー308/308 SWに新型エンジン、8速オートマティック、アクティブクルーズコントロールなどを追加導入した新ラインナップを発売した。

2016年11月にデビューしたクリーンディーゼル搭載車「ブルーHDi」に、新開発1.5ℓクリーンディーゼルエンジン(DV5エンジン)を搭載。加えて、全車に新世代電子制御8速オートマティックEAT8、アクティブクルーズコントロールを標準装備した。

新搭載される1.5ℓクリーンディーゼルエンジンは、グループPSAの今後のディーゼル戦略の中心となる新開発ユニット。従来の1.6ℓ(DV6エンジン)に比べ、ダウンサイジング化したにもかかわらず、従来比+10psの最高出力130psを誇り、低回転から高回転域まで全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発揮する。

さらにJC08モード燃費は、308アリュール・ブルーHDiで従来型比+15.7%の24.3km/ℓ(従来型は21.0km/ℓ)など、大幅な向上を実現。また、現状の排ガス規制(ユーロ6.2)をクリアし、今後のより厳しい規制にも対応できるポテンシャルを有しているという。

こうした性能向上には、シリンダーヘッドの完全新設計や2009年ル・マン24時間を制覇したプジョー908HDi FAPの設計を反映させた燃焼室形状、フリクション軽減のための各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理、2000barの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用が寄与した。

さらに、ガソリン仕様についても改良が実施された。

next page308/308 SW ガソリン仕様

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ