アウディ・スポーツ 2019年は限定車を投入/イベントも 国内外レースも積極的

2019.03.22

国内外のレース・スケジュール

海外のレースとして、まずは30年間参戦を続けているDTM。クラス1規定を受け、今年からは4気筒ターボのRS5DTMでの参戦。ドイツのメーカーとして最初に参戦し4度の優勝、11回表情台に昇り、チームタイトルも獲得しているフォーミュラーEにも継続して参戦。ちなみにアウディが積極的に参戦しているGT3の国際レースにおいて、200台以上が生産されたR8 LMSは256のレースで優勝し、634回表彰台に登り、21のドライバーズタイトル、38のクラスタイトルを獲得している。

日本国内においても、積極的に展開されてきたカスタマー・レーシング・プログラムにより、R8 LMSGT-3/RSGT4/RS3 LMSで3カテゴリーに参加する9チーム、10台のマシンのサポートが行われる。

スーパーGTでは、アウディ・チーム・ヒトツヤマがGT300カテゴリーに引き続きR8 LMSで参戦。スーパー耐久にはST-XクラスにR8 LMSが1台、ST-TCRに4台のRS3 LMSが4チームで参戦。今シーズンから日本で開催されることとなったTCRジャパンには、RS3 LMSで3チーム/4台での参戦が発表されている。

これらのレースには、約2500のアイテム/約1万2000点のパーツが用意されるカスタマー・レーシング・パーツトレーラーが帯同し、カスタマーチームをサポートすることになる。

さらに国内で開催されるレースとして、8月に鈴鹿サーキットで行われるインターコンチネンタルGTチャレンジに昨年に引き続き参戦、同じく鈴鹿で10月に開催される世界ツーリングカーカップ(WTCR)には、少なくとも4台のRS3 LMSで参戦することが発表されている。

 
最新国内ニュース