[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型ホンダN-WGN/カスタムに、渋滞追従機能付きACC 内装・荷室を一部公開 

2019.06.07

100字サマリー

ホンダが、新型N-WGN、N-WGNカスタムのフロントフェイスを公開。内装、ホンダセンシングの標準装備について発表されました。渋滞追従機能付きACCも搭載。

N-WGN(エヌワゴン)2代目

ホンダは、7月にフルモデルチェンジする軽乗用車「N-WGN」「N-WGNカスタム」に関する情報を、同社ウェブサイトで先行公開した。

今回のフルモデルチェンジでは、日常的にクルマを運転するヒトに向けて、あらゆるシーンで必要な安全性能や使い勝手を追及。そのうえで、普段の生活になじみ、親しみやすさのあるデザインを採用した。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」については標準装備とし、ホンダの軽として初めて、渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズコントロール)を適用した。また、バックでの駐車をサポートするパーキングセンサーシステムをホンダの軽で初めて標準装備している。

新型N-WGNのホンダセンシング 機能一覧

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きACC
・LKAS(車線維持支援システム)
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

さらに運転席には、ホンダの軽で初となるテレスコピック/チルトステアリング機構を標準装備した。また、運転席のシートリフトについては調整幅が50mmに広がったことも明らかになっている。

テレスコピック調整幅:30mm
チルト調整幅:30mm
シートリフト調整幅:50mm

さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるように配慮されたわけだ。

カスタムのフロントフェイス画像も届いている。

 
最新国内ニュース