アストン・マーティンもダウンサイジングか

公開 : 2012.07.17 16:40  更新 : 2017.06.01 01:00

アストン・マーティンの社長、ウルリッヒ・ベッツは、それがブランドのイメージを損なわないのであれば、小排気量のエンジンを使うことも考えるとコメントしている。

アストン・マーティンは、過去6年の間、V8とV12のCO2排出量を25%も削減した。しかし、ベッツは、まだ仕事は完璧ではない、という。

「時代が6気筒を望むのであればそれは対応しなくてはならないし、4気筒、いや3気筒だってありうる。」

とは言え、そのようなことが、アストン・マーティンの特殊性を失わせることになるとも語っている。

「われわれはスペシャルでなければならないのだ」と。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像

×