ボルボ、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」を開発

2015.04.01

ボルボ・カー・ジャパンは、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」の開発に成功し、その試験映像を公開した。以下はそのプレス・リリースから。

昨今、スマートフォンを操作しながら歩行する “歩きスマホ” が社会問題となっています。歩きスマホは本人のみならず、周囲の歩行者にも怪我や重大な事故を引き起こす可能性のある危険な行為であり、歩行者の安全を考えるボルボにとって、決して無視できない問題です。ボルボは歩きスマホによる衝突被害を軽減するため、また、この問題に多くの人の目を向けていただくため、新しいエアバッグの開発に着手しました。

今回完成した「歩きスマホ対策用エアバッグ」は、ボルボ全車に標準装備される先進安全&運転支援機能「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」同様、ミリ波レーダー、赤外線レーザー、デジタルカメラからなる3つのセンサーで、歩行者同士の衝突の危険を検知。衝突が避けられないと判断した場合、エアバッグを作動させ衝突被害を軽減します。ボルボ・カー・ジャパンは、このエアバッグの実用に向けた本格的な開発を、スウェーデン本社に提案すべきかどうか検討しています。

IntelliSafe10 に含まれる車両に加え、歩行者やサイクリストも検知する自動ブレーキ・システムや、世界初の歩行者エアバッグをはじめ、ボルボはクルマに乗る人の安全はもちろん、歩行者の安全も考えたクルマづくりを続けています。

「歩きスマホ対策用エアバッグ」の試験映像は、4月1日の1日限り、http://vc-japan.jp/aprilfool/ でご覧いただけます。

ハッピー・エイプリル・フール!

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事