アルピナD4カブリオレ

公開 : 2015.05.18 23:50  更新 : 2017.05.29 18:24

バイエルンのエクスクルーシブ・メーカー、アルピナは、4シリーズ・カブリオレのディーゼルをデビューさせた。カブリオレにすることによってD3サルーンの美味しさは損なわれていないのだろうか?

■どんなクルマ?

今回のテスト車両はアルピナの最新モデル。やや風変わりなこのメーカーが次に目をつけたのは、ディーゼル・モデルのカブリオレ版だった。

言い換えると、必ずしも万人に選ばれるわけではないメーカーが、ディーゼル×カブリオレというさらにニッチな組み合わせを攻めてきたというわけだ。

70あまりの優秀なエンジニアとプロダクト・プランナーたちは、自らが難しい選択をし、結果を出さねばならないという状況に追い込んだと捉えてもよさそうだ。

D4カブリオレが搭載するN57型の直列6気筒ディーゼルがD3サルーンやD4クーペと共通と聞いてがっかりする向きは少ないはず。

350psと71.3kg-mというパワーは、0-100km/h=5.0秒を可能にし、最高速度275km/hに達するに十分であるからだ。

最大トルクが1500〜3000rpmで湧出するという点も注目すべきポイントであり、同ユニットが現実的な使用域で優れた柔軟性を持ち合わせていることを意味する。

ならば£54,950(1,032万円)という車両価格が本当に妥当なものかどうか。さっそくジャッジする。

 
最新試乗記

人気記事