ルノー・タリスマンを公開

公開 : 2015.07.07 22:40  更新 : 2017.06.01 02:09

ルノー・ラグナの後継モデル、タリスマンが公開された。このタリスマンは2016年に発売が予定されている。

このタリスマンの全体的はフォルムは、マツダ6やフォルクスワーゲン・パサートのようなコンベンショナルなサルーンのスタイルだが、そのフロント・エンドは次世代のメガーヌのデザイン・キューが用いられている。

ルノーはこのタリスマンというネーミングについて、世界中で発音し易いというも選ばれた理由だという。

パワーユニットは、ガソリンが2つ、ディーゼルが3つ。最も効率的なのは110psの1.4ℓディーゼルで、6速ギアボックスと組み合わせられ95g/kmのCO2排出量となる。また、1.6ℓで130psのdCi130と160psのdCi160がその上位エンジンとしてラインナップされる。

ガソリンは150psと200psの2本立てだ。

ルノーはこのタリスマンに、4輪ステアと、コンフォート、スポーツ、エコ、ニュートラルの4つに切り替えが可能なアクティブ・ダンパーが採用されているという。

インテリアもエクゼクティブ・サルーンに相応しいもので、デジタル・ダッシュボード、本革のトリム、マルチメディア・スクリーンなどが装備される。

タリスマンというネーミングは、実は中国で販売される4ドア・モデルに使用されてはいる。そのネーミングを採用したということは、ルノーが新しいタリスマンをよりグローバルなモデルにしたいという野望の表れとも言える。