アウディQ7 e-トロン

公開 : 2015.11.12 23:40  更新 : 2017.05.29 18:14

また、アウディのバーチャル・コックピット・システムはe-トロンと他モデルでは異なるグラフィックを表示するのだそうだ。

加えてアウディ製のナビゲーション・システムは大きく進歩している。車内におけるインターネットの使用を可能とするインターネット・ホット・スポットは、ハイブリッドのドライブトレイン・マネージメント・システムとも統合されているのだそうだ。

このおかげで、ナビに目的地を入力すると。ルートと交通状況を把握したのちにドライブトレインに司令をだすようになった。得た情報をもとに内燃機関/ハイブリッド/ピュアEVを状況に応じて自動で切り替えるのだ。

‘プレディレクティブ(=予想)・エフィシェンシー(=効率)’ と呼ばれるこのシステムは、30mおきに適切なドライブトレインを選択。アクセルの踏み具合やコースティング・モードの切り替えもアドバイスしてくれる。

一方の可変エア・サスペンションと可変クルーズ・コントロールはオプションとなる。後者はある程度のところまで自動運転を可能とする。

ある程度のところまで、と書くのは ‘きれいに舗装された’ という但し書きがあっての自動運転であるから。さらにゆっくりと流れる状況かつ64km/h以下であれば、加速/減速/操舵を自動で行ってくれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アウディの人気画像

×