トヨタ・プリウス

公開 : 2016.01.18 23:30  更新 : 2021.10.11 08:58

■「買い」か?

最後にブレーキ・フィールに少し苦言を呈したけれど、4代目プリウスは、ウリの燃費性能の向上もさることながら、ハンドリングや乗り心地といったクルマの根幹の部分に明らかな進化が感じられる、いわば〝新しいだけのことはある″ハイブリッドカーだった。

つまり、最新のプリウスは、最良のプリウス…。

だから、市街地での使用をメインとする日本的環境のなかで、燃費や環境性能の高いクルマを普段の足に使いたいと望み、なおかつCセグメントのボディ・サイズが必要だというユーザーにとって、新型プリウスは間違いなく「買い」の一台だといっていい。

では、数あるバリエーションのなかからどれを選ぶべきか。もしも貴方がドライビング好きであるなら、グレードは好みと予算に応じて決めるとして、そのグレードの「ツーリング・セレクション」を選ぶことをオススメしたい、というのが僕の見解だ。17インチ・タイヤとそれに対応したサスペンションがルックスやドライビングフィールを向上させる一方で、乗り心地をはじめとする日常的な乗り味に明確なネガを生んでいないからである。

駆動方式は、通常の地域ではFWDで充分だと思うが、降雪地帯ではもちろん、E-Fourと呼ばれる4WDを選ぶべきだろう。ただし、いずれのモデルでも、プリウスを選んだ時点で、世のクルマの列のなかに埋没することは覚悟する必要がある。だからせめてボディ・カラーだけは、個性的なものを選ぶべきかもしれない。

(文・吉田 匠 写真・花村英典)


トヨタ・プリウスA “ツーリング・セレクション”

価格 2,628,327円
全長×全幅×全高 4540x1760x1475mm
ホイールベース 2700mm
乾燥重量 1370kg
エンジン 直列4気筒1797cc+モーター
最高出力(エンジン) 98ps/5200rpm
最高出力(フロント・モーター) 72ps
最大トルク(エンジン) 14.5kg-m/3600rpm
最大トルク(フロント・モーター) 16.6kg-m
ギアボックス 電気式無段変速
サスペンション ストラット/ ダブル・ウィッシュボーン
ブレーキ Vディスク / ディスク
ホイール+タイヤ 17x7J + 215/45R17
燃費(JC08モード) 37.2km/ℓ


▶ 徹底解説 / トヨタ・プリウス
▶ 海外初試乗 / トヨタ・プリウス・プロトタイプ
▶ 海外初試乗 / トヨタ・プリウス・プロトタイプ

この記事に関わった人々

  • 吉田 匠

    Takumi Yoshida

    1947年生まれ。1971年、青学大卒業と同時に「CAR GRAPHIC」編集部に。スポーツカーの試乗記などを手掛け、FJ1600などのレースにも参戦、優勝経験数回。1985年、同社を退社、フリーランスのモータージャーナリストになる。「ポルシェ911全仕事」等、単行本多数。旧いスポーツカーに目がなく、愛車は1962年ポルシェ356B、他。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×