アルファ・ロメオ、F1に復帰か

公開 : 2016.02.16 22:30  更新 : 2017.06.01 01:37

フィアット・クライスラーおよびフェラーリのCEOであるセルジオ・マルキオーネは、アルファ・ロメオのF1へのカムバックを、アルファ・ロメオのモータースポーツのブランド再起の策のひとつとして使用したいと考えているようだ。マルキオンネは、F1への参加がアルファ・ロメオのモータースポーツ・ブランドとしてもイメージを高めることになると信じている。

「スポーツ・ブランドとしてアルファ・ロメオ・ブランドを再確立するためには、F1への参入が必須であり、充分に考慮されるべき事項だ。」とマルキオンネはコメントしている。

市販モデルは2018年から2020年にかけてランナップの再編成、そして完成がなされる計画だが、これに合わせてF1復帰の可能性があるのだという。

イタリアのスポーツ紙、ガゼッタ・デロ・スポルトに対し、マルキオンネは、アルファ・ロメオがフェラーリのエンジンを使用する計画だということを明らかにした。また、アルファ・ロメオのル・マンへの参戦は、これを否定している。

関連テーマ

人気テーマ