アストン マーティンDB9 “Last of 9” を限定発売

2016.06.16

アストン マーティンは、DB9のファイナル・バージョンである “Last of 9” を発表した。この “Last of 9” は、クーペ、ヴォランテが各9台、合計18台の限定生産。日本向けには3台が割り当てられる。

製造は、アストン マーティンのビスポーク的パーソナライゼーション部門であるQ by Aston Martinの手で行なわれ、ユニークでラグジュアリーな専用アイテムが装備される。エクステリア・カラーには、Qヘリテージ・カンバーランド・グレイが採用される一方で、インテリアにはサンドストーム・ゴールドレザーの装飾ピンストライプを備えたセミアニリン・ビターチョコレート・カラーの本革シートが奢られる。また、インテリアには “Last of 9” の刺繍が施され、ヘッドライニングはカシミア張りとなる。

フロントとリアを飾るマザー・オブ・パール製のインレイ・ウイング、V12エンジンに装着されるQ by Aston Martinプレート、フェンダーに装着されるブラック塗装の “Last of 9” バッジといったカスタムメイドのバッジが装着され、ダッシュボードには、フィドルバックと呼ばれる、木目を美しく揃えたウッドパネルが採用されている。また、ビレット・アルミニウム製のロータリー・スイッチには、機械加工による飾り模様が施される。

“Last of 9” のオーナーには、製造プロセスを記録したQ by Aston Martinブックが贈呈されると共に、アストンマーティン・オーナーズ・クラブへの登録が公式に行われるという。また、クルマの製造工程を見学するために、アストン マーティン本社を訪れることも可能だという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース