ジャガーF-タイプSVR

公開 : 2016.06.15 23:50  更新 : 2017.05.29 18:37

ジャガーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ・チームが手を入れたV8エンジンのF-タイプは、4WDのスーパー・スポーツカー勢に勝負できるか?

■どんなクルマ?

2013年にF-タイプ・ロードスターがデビューした。1年後にはF-タイプ・クーペが公開された。

550psのRクーペがローンチされた際、志の高いエンジニアたちは “まだまだハイ・パフォーマンスカーを作ることができる” と考えていた。念のためにいっておくが、Rクーペにわれわれは不満を感じなかった。

F-タイプ・プロジェクト7がデビューしてからは、ふたつの衝撃を与えることになった。

ひとつ、さらにパワフルなF-タイプが、存在できるという衝撃。ふたつ、そんな狂気じみた(そういっていいだろう)F-タイプを作れる部門、つまりスペシャル・ビークル・オペレーションズが存在するという衝撃だ。

同グループ会社の、レンジローバー・スポーツSVRにつづくデビューとなった、ジャガーF-タイプSVR(2016年のジュネーブで正式デビュー)は、そんなF-タイプ・プロジェクト7の血統を色濃く受け継いでいる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記